脱毛エステサロンに契約する前に

脱毛エステサロンで契約をしてしまう前に、もっと言えばお店を決める前に知っておきたいことは「医療提携」があるかどうかです。

 

もしなかった場合には、いざ「肌トラブル」に遭った場合、自分でかかりつけの皮膚科等へ受診することになり、その医療費も自己負担となります。
そのいざというときの補償があるのかどうかは事前に知っておいて損はないはずです。

 

「脱毛サロン」で最も起こり易い肌トラブルはやけどです。
サロンで使う脱毛機は、医療機器としてのレーザー脱毛機よりも出力の弱い光脱毛機ですので、その出力低下の分だけ肌にかける負担も低いとされていますが、エステティシャンの経験不足などから肌に無理のある光を当てられやけどをしないとも限りません。

 

脱毛サロンのトラブルに注意

光脱毛機がレーザー脱毛機より出力が低いと言えども、熱は持っていますのでやけどまで行かなくとも施術後は肌が熱く、赤みを帯びるようなことはあります。
ですから、施術後は自分で出来る範囲で、その部位の乾燥や熱に気をつけなければいけません。
保湿したり、冷やしたりして術後の症状がすぐに収まるように心がけることが大切です。

 

そのために、必要な美容化粧品なども予め費用のうちに入れることを考えておいた方が良いでしょう。

 

料金についても、納得が行くまでしっかり説明を受け、それが自分に支払えるのかどうか判断できないのであればサロンに通うのは危険です。

 

契約の前に、できれば体験コースやパッチテストを受けて、自分にとってその脱毛方法が肌に過度の負担をかけるものでないかどうかを確認し、実際のコースの値段は自分の支払い能力の限界を超えていないかどうかちゃんと確認しましょう。

 

また、勧誘がしつこいと感じたら、その時点で通うべきお店の候補から外した方が良いかもしれませんね。